×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
recordimage
過去の公演
第14回公演
第13回公演
第12回公演
The kingdom in a novel
第11回公演
I waited for 1000 years
第10回公演
I fall in the past.
第9回公演
I remember that lion was in bloom.
第8回公演
Knight of Polaris
第7回公演
flower of memories
第6回公演
mirror world
第5回公演
in the moonlight
第4回公演
matryoshka
第3回公演
crayon
第2回公演
Puppet
旗揚げ公演
『METAL MADE MEMORY』
第5回公演
『月影に、誰よりも君のそばにいる』
"in the moonlight"flier
2009/5/7(木)〜10(日)
全7回公演
シアター風姿花伝にて
女は剣士。生まれは高貴。常に陽の中で生きてきた。
苦労知らずと言われる事を嫌い、自ら望んで危険な場所に身を置く。

男は剣士。生まれは卑賤。常に陰の中で生きてきた。
世の中を生き抜く力を身につけ、その力をただ生きるために振るう。

それぞれの前に現れた二人の陰陽師。
一人は男。一人は女。二人を結び、離したのは不老不死の秘術。


月は夜に光となって、昼に影となる。陽は陰の中に、陰は陽の中に。

何よりも互いのそばにある。


(フライヤー掲載文より)
ストーリー
飢饉、疫病が続き、治安の乱れた都に設立された王城特別警備隊『虎ノ眼』。
堀川さやかはその隊士として、得意の小太刀を振るっていた。

女だてらに、と言われる事を嫌うさやかは全力で職務に励む。
そして連日起きていた神隠しの下手人が、ムラサメ率いる盗賊団と突き止め、盗賊のアジトへと潜入する。

そこでさやかが見たものは、不老不死の実験のために攫った人間から魂を奪う、景光という名の陰陽師。そして同じ虎ノ眼の隊士でありながら、盗賊に加担していた同胞、草薙の姿。
囚われ、魂を抜かれるさやか。それを助けたのは謎の陰陽師、蛍。
さやかを追うために、自らも魂だけの存在となった草薙が二人に襲い掛かる。
虎ノ眼から逃れるためにムラサメが放った炎に巻かれ、さやかは草薙の剣を逃れたものの気を失ってしまう。


次に目を覚ますと、さやかは診療所にいた。九死に一生を得たと安堵するも、すぐそばには草薙の姿が。剣を抜くさやかを止めたのは、蛍の一言だった。

「落ち着いて、さやか。それは鏡よ。」

どうして私がこんな姿に!?さやかの魂は、何故か宿敵、草薙の体に収まっていた――
出演
和泉奈々(七色空間)
Mafty(Pretty Pink Princess)

鶴田圭吾(team 90 min)
原真司
柳澤有毅
高橋佑介

中村美佳(team 90 min)
対馬愛
角山紗代子
大関悠

斎藤直人(team 90 min)
吉富睦
平山拓実(アールグルッペ)
渡辺健

北澤彩子
脚本・演出
太田友和
舞台写真
Sayaka Thieves Sayaka vs ...
magic Murasame Kogarasu
Snake attack Desperate fight Under moonlight
Horikawa and Kusanagi Sayaka vs Kusanagi Hotaru and Sayaka