×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
recordimage
過去の公演
第14回公演
第13回公演
第12回公演
The kingdom in a novel
第11回公演
I waited for 1000 years
第10回公演
I fall in the past.
第9回公演
I remember that lion was in bloom.
第8回公演
Knight of Polaris
第7回公演
flower of memories
第6回公演
mirror world
第5回公演
in the moonlight
第4回公演
matryoshka
第3回公演
crayon
第2回公演
Puppet
旗揚げ公演
『METAL MADE MEMORY』
第8回公演
『星霜ナイト』
"Knight of Polaris"flier
2011/6/16(木)〜19(日)
全7回公演
アイピット目白にて
俺はあいつが嫌いだった。
あいつはいつも目の前の事に夢中で、先の事なんて考えもしない。
自分が世界の中心だと思って、何でも出来る、何にでもなれると思いこんでる。
そう、悪と戦う正義のヒーローにだって。

もう何年も忘れていた。二度と会う事はないと思っていた。
でも、突然俺の前に現れた。
あいつ――子供の頃の俺が。


(フライヤー掲載文より)
ストーリー
赤嶺映司は広告代理店に勤めるプランナー。成績は優秀だが、性格に難があり、他人との交流は少ない。

ある日、映司は後輩の七海と共に、化粧品会社の広告を担当する事になる。仕事に対する意見の相違から、対立する映司と七海。
そこに割って入ったのは、正義の味方ポラリスナイトを名乗る一人の少年だった。映司にキックを浴びせ、去っていく少年。映司は追いかけようとするが、七海になだめられ、逃がしてしまう。

映司が帰宅すると、誰もいないはずの部屋に先程の少年がいた。映司は部屋から追い出そうとするが、少年の顔を見てある事に気付く。

「・・・お前の顔、どこかで見た事がある。」

それは二十数年前、小学三年生だった頃の自分自身の顔だった――

出演
鶴田圭吾(team90min.)
高津春希

浅野美由希
朝倉治永
中野有希

泉亜樹
中村美佳(team90min.)
斎藤直人(team90min.)

小泉匠久(BSCAL)
伊原夏菜(株式会社オスカープロモーション)
伊藤翔(プロダクション東京ドラマハウス)

深瀬寛子
久松功
小森毅典
脚本・演出
太田友和
舞台写真
opening Eiji and Eiji Dark nebula
Mikoshiba and Shuto Nanami Rei and Shirahama
Natsuki and Chisato Knight of Polaris Best friend
Yuko and Shiro In the studio Aiba family
Don't shoot In starry sky I am a hero