×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
aboutimage
劇団員紹介
上演作品紹介
---History---
PocketSheepS(ポケットシープス)は、2006年に演劇集団キャラメルボックス俳優教室出身者、10名により結成された劇団。

同年11月に旗揚げ公演『METAL MADE MEMORY』を上演以来、定期的に公演を重ねる。

2015年9月には第14回公演
『あの日はライオンが咲いていた』を上演。
第27回池袋演劇祭にて、豊島区町会連合会会長賞を受賞。
History
『鏡界船』より
---Style---
Style
『創界のマトリョーシカ』より
作風は主にファンタジー。
しかし日常から逸脱しすぎたものではなく、『もしかしたら、この世界のどこかで起きているかも知れないファンタジー』を描く。

感情とスピード感を重視。
『舞台では常に目を引く何かが起きている』という状態を目指し、作品を創り続けている。
---Direction---
脚本・演出を担当している太田友和は殺陣集団10・Quatre(テンカトル)に師事しており、作品には殺陣を積極的に取り入れている。

第5回公演『月影に、誰よりも君のそばにいる』では初の時代劇にも挑戦。
第7回公演では魅せる殺陣を目指し、二ヶ所での同時1vs2、1vs1vs1等を表現した。
Direction
『月影に、誰よりも君のそばにいる』より