×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
recordimage
過去の公演
第14回公演
第13回公演
第12回公演
The kingdom in a novel
第11回公演
I waited for 1000 years
第10回公演
I fall in the past.
第9回公演
I remember that lion was in bloom.
第8回公演
Knight of Polaris
第7回公演
flower of memories
第6回公演
mirror world
第5回公演
in the moonlight
第4回公演
matryoshka
第3回公演
crayon
第2回公演
Puppet
旗揚げ公演
『METAL MADE MEMORY』
第12回公演
『紙片の王国』
2014/2/6(木)〜9(日)
全7回公演
TACCS1179にて
浅間和彦著、小説『火の国のシュリ』

――山々に囲まれたサギリの国
その国の王子、シュリの運命は生まれた時から決まっていた
全ては次代の王となるため
城の外に出る事も、妻となる人を自分で選ぶ事も許されない

ある夜、突如城から火の手が上がった
敵国の奇襲
城内は混乱し、敵兵の侵入を許す
脱出を余儀なくされたシュリが隠し通路を抜けると、そこは――

小説の外
彼は城から、運命から、
ついでにストーリーからも抜け出してきてしまった


(フライヤー掲載文より)
ストーリー
浅間和彦は責められていた。ファンタジー小説家である彼の家に、担当の春日がやってきたのに、執筆がほとんど進んでいなかったからだ。
それにはちゃんとした理由があるが、口で説明するより読んでもらった方が早い。そう考えた浅間は、春日に原稿を手渡す。執筆中の新作『火の国のシュリ』の原稿を。

小説を読む春日。舞台は山々に囲まれた小さな国、サギリ。主人公はその国の王子、シュリ。冒頭は城の生活に退屈しているシュリや、それをたしなめる教育係のダイモンなど、登場人物の人となりが描かれている。
しかし、城に入った女盗賊、アスハとの出会いの場面で物語は急展開。サギリの城が敵国、クラトの軍勢に襲われるのだ。
城は包囲され、逃げ道を失ったシュリ。それを助けたのは、アスハだった。盗賊である彼女に抜け道を教えられるシュリ。アスハとダイモンを連れ、燃え盛る城から脱出する――

ここで小説は終わっていた。何でこんな所で筆が止まるのか、春日には理解できない。主人公が城から逃げ出し、やっと冒険の旅が始まるのに。しかし浅間は、主人公が逃げ出したからこそ書けないのだという。話が噛み合わない事に苛立つ春日。すると突然、後ろから声をかけられる。

「浅間殿は悪くない。全ては俺の責任だ」

春日が振り返ると、そこには奇妙な衣装の青年が立っていた。そう、まるでファンタジー小説の中の王子様のような。
出演
河合国広
植草みずき
岡部裕樹

小泉匠久
きむらえいこ

冨士枝千夏
阿部晃大
丸本陽子
渡邊珠己

船津久美子
津田修平

関沢明日香
山本高士

冨田佳孝
石川毅
脚本・演出
太田友和
舞台写真
The dance of the country of snow and ice It came out. Thief Asuha
The captured Daimon Publishing company Characters cannot defeat an editor.
Loyalty Queen Yami
Oguma Invitation He is a bodyguard.
A hero loses. Writer rider Kaguyama
Climax She has returned into a novel. Shuri of the country of fire