×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
recordimage
過去の公演
第14回公演
第13回公演
第12回公演
The kingdom in a novel
第11回公演
I waited for 1000 years
第10回公演
I fall in the past.
第9回公演
I remember that lion was in bloom.
第8回公演
Knight of Polaris
第7回公演
flower of memories
第6回公演
mirror world
第5回公演
in the moonlight
第4回公演
matryoshka
第3回公演
crayon
第2回公演
Puppet
旗揚げ公演
『METAL MADE MEMORY』
第11回公演
『千年の狐と小さな嘘』
2013/6/13(木)〜16(日)
全7回公演
TACCS1179にて
――300年前、犬塚真之丞は妖狐玉尾と戦った
真之丞は愛する人を守るために
玉尾は真之丞の魂を手に入れるために
激闘の末に真之丞は玉尾を倒し、破魔の刀の中に封印した

そして平成25年
続く不景気と家業の不振に苦しむ犬塚家の居間にて
妖狐玉尾は封印から解き放たれる


(フライヤー掲載文より)
ストーリー
犬塚家の家宝の刀にまつわる伝説。
妖狐玉尾は人間である犬塚真之丞に心を奪われた。真之丞を我が物にしようと、彼の許婚である梓姫の命を狙う玉尾。真之丞は妖怪退治を生業とする烏丸道元の力を借りて玉尾と戦い、何とか破魔の刀の中に封じ込めた。

--それから300年。
犬塚家の長男、真治は悩みを抱えていた。経営するスーパーマーケットは倒産寸前、三人の弟妹は働きもせず、両親の遺産を食い潰している。このままでは近い内に犬塚家は破産してしまう。
友人である道照は烏丸神社の次期神主。相談とも愚痴ともつかぬ話を聞いてもらっていると、道照の妹の陸がやって来て真治に忠告する。

「真治さんの後ろに、不吉な影が見える」

その頃、犬塚家では家宝の刀が売り払われようとしていた。真治の弟妹たちが逼迫する家計の足しにしようと、蔵から引っ張り出してきたのだった。三人が品定めの為に刀を抜くと、そこから不穏な気配が流れ出る。

「・・・待ちわびたぞ。忌まわしき封印の解かれる、この時を」

こうして復活した妖狐玉尾は、真之丞の生まれ変わりを探すべく、平成25年の東京の街へと飛び出していく。
出演
冨士枝千夏
小泉匠久(ビー・エス・カル)
高津春希

冨田佳孝
松田明典

河合国広
たけしたはるか

二之宮亜弥
津田修平
矢野文葉

関沢明日香
阿部晃大

植草みずき
阿久津優
和泉奈々
脚本・演出
太田友和
舞台写真
Shinnojo Princess Azusa Exorcist
Danzaburo vs Shinnojo Witchcraft Phantom
Inuzuka family Danzaburo and Tamao Supermarket
Bar Rival Metamorphosis
Cafe Mabuchi and Inokuma Karasuma brother and sister
Azumi and Shinji Ayukawa and Matakichi Just because I wanted to meet