×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
recordimage
過去の公演
第14回公演
第13回公演
第12回公演
The kingdom in a novel
第11回公演
I waited for 1000 years
第10回公演
I fall in the past.
第9回公演
I remember that lion was in bloom.
第8回公演
Knight of Polaris
第7回公演
flower of memories
第6回公演
mirror world
第5回公演
in the moonlight
第4回公演
matryoshka
第3回公演
crayon
第2回公演
Puppet
旗揚げ公演
『METAL MADE MEMORY』
第9回公演
『あの日はライオンが咲いていた』
I remember that lion was in bloom
2012/2/2(木)〜5(日)
全7回公演
大塚萬劇場にて
聞いてくれる?私が作ったお話を――

人の脳から記憶を取り出す事の出来る機械「エデル」
その開発実験が、三人の男女を使って行われる。

彼らは憶えていない。自分が何を忘れてしまったのかさえも。
三人が失った「思い出」の行方は・・・


――とある病院の片隅で、一人の少女のために語られる物語。


(フライヤー掲載文より)
ストーリー
病院で退屈している少女が一人。
昔、作家を目指していた女医が彼女のために、自分で作ったお話を語り始める。

――主人公の名前は綾瀬梢。どこにでもいる、ごく普通の女の子。
彼女の勤め先は株式会社オーテック。業界最大手の家電メーカーだ。
ある日、梢は開発部が作った新製品の実験モニターに選ばれる。
新製品の名称は「エデル」
人の頭から記憶を取り出し、保管する機械である。

実験を受けた梢は、何の変化も感じていなかった。
エデルの力で、何について忘れたのかすら、忘れているのだ。

数日は何事も無く過ぎていく。だが、梢は徐々に気付き始める。
大切な記憶が、今も自分の頭から消え続けている事に。
出演
高津春希
道祖尾悠希(DEAD STOCK UNION)

佐久間麻未
吉富睦

小泉匠久(ビー・エス・カル)
キムラシゲオ(劇団宇宙キャンパス)
菊地宏行(劇団ドラゴンアットマーク)
植草みずき
伊原夏菜(株式会社オスカープロモーション)
Mafty(Ravenous Rats)

浜みか(みかんピープル)
玉渕正紀

阿久津優
渡部晴信

和泉奈々
脚本・演出
太田友和
舞台写真
opening opening2 Nao and Ryo
your story proposal of marriage Kuramae and Edogawa
love sick Mukaihara Nezu
goal-in edel others' memory
flower lost memories white petals