×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about us member stage blog link
recordimage
過去の公演
第14回公演
第13回公演
第12回公演
The kingdom in a novel
第11回公演
I waited for 1000 years
第10回公演
I fall in the past.
第9回公演
I remember that lion was in bloom.
第8回公演
Knight of Polaris
第7回公演
flower of memories
第6回公演
mirror world
第5回公演
in the moonlight
第4回公演
matryoshka
第3回公演
crayon
第2回公演
Puppet
旗揚げ公演
『METAL MADE MEMORY』
第7回公演
『せめて、またあの花が香るまで』
"flower of memories"flier
2010/8/19(木)〜22(日)
全7回公演
TACCS1179にて
石動彦馬は死んでしまった。
盗賊との斬り合いに敗れ、命を落とした。
後悔しても仕方ない。自業自得と言えなくもない。
だが、この世にやり残した事がある。このままでは死んでも死にきれない。

「・・・せめて、もう一度」

彦馬の前に現れたのは、霞という女。
死を司る彼女は、彦馬のささやかな願いを聞き届けた――


(フライヤー掲載文より)
ストーリー
紅葉は同心の妻だが、診療所で働いていた。「困っている人を助けよ」という、高名な僧侶だった亡き父の教えを守るためである。

診療所には石動道場の道場主、石動彦馬が毎日のようにやって来る。怪我や病気ではない。理由をつけては医師羊庵の一人娘、卯美に会いに来るのである。
そんな彦馬がここ数日、姿を見せない。

ふと気付くと、紅葉は石動道場にいた。彦馬の妹、桜が言うには、突然訪ねてきて「聞いてほしい事がある」とか「騙してすまなかった」とか口走っていたらしい。
が、紅葉には全く覚えがない。

意味不明な言動をし、しかもその記憶がない。そんな事が続き不安になる紅葉。
そんな紅葉の前に霞という女が現れる。霞は死神を名乗り、彦馬が命を落とした事を紅葉に告げる。そして幽霊になり、紅葉の体を勝手に借りていた事も。
動揺する紅葉に、霞は協力を願い出る。彦馬にはこの世でやり残した事があり、このままでは成仏できない。

「だから、彦馬に体を貸してあげて」

桜と卯美、二人にどうしても言わなくてはいけない事がある。
出演
鈴木寿枝(One Hit Wonder)

浅野美由希
藤井孝志
高津春希(Breast Knives)
鍜治本大樹(演劇集団キャラメルボックス)

朝倉治永
五十嵐志保美
拓希(One Hit Wonder)

小森毅典
伊東武志(うるとら2B団)
斉藤ひろき(コーポ・ぐーがお)

神子裕史
佐藤大輔
成瀬優子

井上麻美子(演劇集団キャラメルボックス)
脚本・演出
太田友和
舞台写真
Sakura and Toranosuke Katsumi and Minokichi Akariko and Botan
Youan and Umi Kasumi Recollection
Cat and Dog Mashira Training
Ghost Busters Promise Like the surface of the lake
Exorcist Door to heaven Sweet osmanthus